相鉄本線 上星川駅 南口すぐ

045-744-5345

自由診療・料金表

プラセンタ

自由診療・料金表画像

医療機関で使用されるプラセンタとは一般に、母体が健康で満期出産のヒト胎盤から抽出された水溶性物質のことを指します。現在、日本の厚生労働省により認可されているプラセンタの注射剤は『ラエンネック』と『メルスモン』のみとなります。
ラエンネックは「慢性肝疾患における肝機能の改善」に、メルスモンは「更年期障害、乳汁分泌不全」にそれぞれ保険適応がございますので、診察時に御相談下さい。
また、保険適応外(自費診療)にはなりますが、アンチエイジングや美肌効果、血行促進、抗アレルギー・抗炎症効果を期待して、美容目的での使用も可能です。

ラエンネック

慢性肝炎や肝硬変などの慢性肝疾患をお持ちの患者様は保険適応となります。保険適応治療を行う際には、初診時に感染症や肝機能に関する採血検査が必要となりますので、御了承下さい。その他の方も、特に禁忌事項が無ければ自費診療にて投与を受けることが可能です。

投与方法
皮下または筋肉内注射
投与量
通常成人の場合、週1~2回、1回1~2アンプル

メルスモン

更年期障害(概ね40~59歳の女性が対象)や乳汁分泌不全(産後1年以内で授乳の出が悪いとき)の方が保険適応となります。特に更年期障害にて保険診療を行う場合、他の重篤な内科的疾患が隠れていないことを確認するための診察を行い、適切な検査について御相談させて頂きます。

投与方法
皮下注射
投与量
通常成人の場合、週2~3回、1回1アンプル

費用

保険診療
診察や検査の状況にもよりますが、初診は約1500円、再診は約500円程度の自己負担となります(初再診料込み、3割負担の場合)
自費診療
1回1アンプル 1300円(税込)、1回2アンプル 2000円(税込)

※自費診療の場合、初回のみ初診料1000円が別途かかりますが、再診料は頂きません。
※価格はメルスモン、ラエンネック共通となります。

プラセンタ治療に関する注意事項

  • 胎盤由来製剤に対する過敏症の既往がある方には投与できません。他の薬剤に対して過敏症を有する方は医師に御相談下さい。
  • 有害事象として、注射部位の発赤や痛み、痒みが出現することがあります。
  • プラセンタはヒト胎盤由来の薬剤です。原料提供者への問診や感染症スクリーニング、製造過程における塩酸加熱処理・高圧蒸気滅菌、BおよびC型肝炎ウィルスやHIVウィルスに関しては核酸増幅検査(NAT)を実施し、それらに適合した胎盤のみを使用しています。しかしながら、現在の技術では検出できない未知のウィルス等に関してその感染を完全に否定することは困難です。また、現在までにプラセンタ製剤の投与によって変異型クロイツフェルト・ヤコブ病が伝播した報告はありませんが、感染リスクを理論的に完全に排除することは不可能とされています。これに付随して、日本赤十字社ではプラセンタ投与歴がある方の献血を制限しておりますし、臓器移植においては臓器提供者(ドナー)となることが制限されることがあります。
    患者様にはこれらの内容をよくご理解頂き、同意書に署名を頂いた上で、治療をさせて頂きます。

ニンニク注射・総合ビタミン点滴

ニンニク注射といってもニンニク成分を投与するわけではなく、ビタミンB1を主成分とする水溶性ビタミン製剤を静脈内投与することになります。製剤に含まれる「硫化アリル」がニンニクに似た臭いを有するため、このように呼ばれるようになったようです。
当院では、滋養強壮・疲労回復に効果があるとされるビタミンB1製剤や、ビタミンB6やB12、ビタミンCを含んだ総合栄養注射・点滴を御用意しています。肉体疲労や食思不振、冷え性、二日酔い、消耗性疾患などの諸症状に有効といわれています。

投与時間

ニンニク注射
投与時間は約5~6分程度です。
総合ビタミン点滴
院内処置室のベッドで、約30~40分ほどお休み頂きながらの投与となります。

※ともに静脈内投与となります。

総合ビタミン点滴における注意事項

パーキンソン病等に対してレボドパ製剤(商品名:ネオドパストン、メネシット、イーシードパール、マドパー、スタレボなど)を服用されている場合、ビタミンB6によってレボドパの脱炭酸化が促進され同剤の作用が減弱する可能性があります。ご自分の常用薬に関して心配な方は医師・看護師に御相談下さい。

費用

ニンニク注射
1アンプル 1500円(税込)、2アンプル 2300円(税込)
総合ビタミン点滴
1回 3800円(税込)

※初回のみ初診料1000円が別途かかりますが、再診料は頂きません。

AGA

AGAとは?

AGA (Androgenetic Alopecia) は「男性型脱毛症」の意味であり、額の生え際や頭頂部の髪が進行性に薄くなるのが特徴で、成人男性によくみられます。遺伝的な背景に加え、加齢やストレス、生活習慣などがAGAの一般的な原因とされています。
メカニズムとしては、男性ホルモンであるテストステロンが、頭皮に存在する5α還元酵素によってジヒドロテストステロン(DHT)に変換され、このDHTが毛母細胞に作用して抜け毛・薄毛を進行させると考えられています。

AGA治療薬であるプロペシア(一般名:フィナステリド、2005年発売)は2型5α還元酵素を、ザガーロ(一般名:デュタステリド、2016年発売)は1型および2型5α還元酵素を阻害することにより、DHT生成を抑制します。
当院では、プロペシア 1mg(先発品・MSD社)、フィナステリド 1mg(後発品・ファイザー社)、ザガーロ 0.5mg(先発品・GSK社)を取り扱っております。

AGA治療における注意事項

  • 各薬剤に対する過敏症の既往がある方、重度の肝障害を有する方には投与できません。
  • ザガーロ(デュタステリド)は血清前立腺特異抗原(PSA)に影響を与えます。PSA検査を行う際には本剤の服用歴を医師に御報告下さい。前立腺癌存在下であっても、本剤投与によるPSA値の低下が推測されます。本剤投与中におけるPSA値の持続的定価に対しては、前立腺癌の発現を含めて慎重に評価することが必要です。なお、前立腺癌のスクリーニングの目的で% free PSAを使用する場合には、測定値の調整は不要とされています。
  • ザガーロ(デュタステリド)は主にCYP3A4で代謝されますので、CYP3A4阻害作用を有する薬剤(リトナビル等)との併用により、本剤の血中濃度が上昇する可能性があります。

副作用

プロペシア(フィナステリド)
肝機能障害、リビドー減退、勃起機能不全、射精障害、睾丸痛、男性不妊症・精液の質低下など
ザガーロ(デュタステリド)
肝機能障害、黄疸、頭痛、抑うつ気分、性機能不全、乳房障害、発疹・蕁麻疹、腹部不快感、味覚異常など

費用

初診料
2500円
再診料
500円
プロペシア®1mg錠(1箱28錠)
8500円(税別)
フィナステリド®1mg錠(1箱28錠)
6600円(税別)
ザガーロ®0.5mg錠(1箱30錠)
9800円(税別)

※ このほかに、血液検査などを行った場合には検査費用がかかります。
※ 他疾患で当院にかかりつけの患者様については、初診料・再診料は頂きません。

上星川ファミリークリニック
診療内容
内科 生活習慣病 予防接種 健康診断
住所
〒240-0042
神奈川県横浜市保土ケ谷区上星川 3-2-10
アネックスアリオス202
アクセス
相鉄本線 上星川駅 南口すぐ

045-744-5345

診療時間 日祝
9:00-12:00
15:00-18:00

...土曜日 9:00~13:00
※受付は、診療時間終了30分前までとなっております。
休診日:木曜日、日曜日・祝日